忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
中小企業と融資
中小企業の融資が思うように受けられないのは、どうしてでしょう。

一説には中小企業向け融資が最大で、
100億円も減少したといわれた時期もあります。

どうして中小企業への融資は思うようにいかなくなってしまったのでしょうか。
原因は大きく2つですが、費用対効果の問題はそのうちの1つです。

一回の融資にかかるコストは、融資額にほとんど左右されないので、
10億円でも100万円でも1回は1回です。

審査にかかる費用と融資する金額は比例の関係にありませんので、
高額融資だとしても審査の経費は増えるというものではないのです。

従って、銀行も出来るだけ1案件当たりの融資額を増やして、
効率的に利益を上げたいと考えるのは、ある意味当然なのかもしれません。

中小企業への融資は効率がいいとはいいにくいですから、
小さな銀行はあまり手を出したくないかもしれません。

しかし、最も大きな要因としてあるのは、
全ての中小企業に対する融資が回収できるとは限らないという点であるといえます。

一般に中小企業は大企業と比べ、経営が不安定だとされています。
小さな下請企業等は、数カ月先の資金繰りも不透明なのが当たり前だったりします。

中小企業の多くが赤字であったり、債務超過であったりする事も珍しくありません。

つまり、資金を融資する側の立場から見ると、規模の小さな会社ほど潜在的な危険度が高いといえます。そのため、経営規模の小さい会社に融資を行う際には、
銀行は担保や連帯保証人を求めたり、金利を高く設定したりします。
PR



中小企業と融資 | Comments(0) | TrackBack(0) | ローン

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| お金借りる方法 ローン 低金利 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]