忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
中小企業融資の注意点
無事に銀行から融資を受けることができてからでも、

その後に何らかの理由で収益が減少し赤字になって銀行に警戒されると、
金利上昇の申し入れが来ることがあるようです。

素早く対応して改善計画を立案し、業務改善の向けての取り組みを行うことが、
融資を受けている中小企業には求められます。

常に財政内容には気を遣い、融資先としての正常性を維持するよう心がけます。

中小企業は早い段階で、自社の規模に見合った金融機関を選ぶ事も必要です。

安心できる融資を受けるために、その銀行について下調べをしておきます。
昔ほど銀行は盤石ではなくなりました。
そして取引先銀行が倒産した場合、受け入れ先となった次の銀行と
以前のままの関係が維持できるとは保証しきれません。
場合によって、自社の融資が打ち切られる事だってあるのです。

中小企業が、自社と釣り合いの取れない巨大銀行から融資を受けると、
何かのきっかけで貸し剥がしを要求されたりします。

要注意先、要管理先の企業と見なされないためにも、
用心して経営を続けていくべきでしょう。

利益の確保や負債の減額のために会計財務の戦略を立て直し、
営業譲渡や複数の会社を合体させるなどの対策があるでしょう。

取引先銀行からの格下げを防ぐには、
債務超過の解消や利益体質回復の実効性の高い事業計画を組み、
計画書を銀行に差し出すなどの対策を早め早めに打ち出す必要があります

。経営を着実に回復させるためにも、融資先銀行といい関係を維持して融資交渉に心を砕きましょう。万が一融資を打ち切られると、
営業回復の道が閉ざされることがあります。
PR



中小企業融資の注意点 | Comments(0) | TrackBack(0) | ローン

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| お金借りる方法 ローン 低金利 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]